三戸政和「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」出版特別講演

三戸政和「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」出版特別講演

100年キャリア時代の新たな働き方

2007年に日本で生まれた子供の半数以上が107歳以上生きる。ベストセラー『ライフ・シフト―100年時代の人生戦略』で紹介される寿命予測です。この膨大な余生を、あなたはどのように生きますか?

そんな人生100年時代の新たな選択肢が、中小企業の売買(M&A)による事業承継です。この講演では、発売3ヶ月で10万部を突破した異色のベストセラー『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門』著者、三戸政和(みと まさかず)氏に、昭和型「日本型サラリーマン」の限界を超える新たな生き方をお話いただきます。

対象者

中小企業の買収・再生ビジネスに関心があり、ライフキャリア100年時代の生き方、働き方に興味のある
– 企業にお勤めの方
– 自営業・経営者・公務員の方

概要

①「日本的終身雇用サラリーマン」の限界
②「脱サラ志望者」の多くが陥る間違い
③「後継者不足の中小企業」という隠れた市場
④ 300万円からの会社の買い方、経営のしかた

三戸さん著作の概要に触れながらも、本では書かれていない、「買収失敗を避ける目利きの方法」「売買収の現場で見ていること」「立ち上げたオンラインサロンでしていること」といった内容も豊富にお話いただく予定です。

講師

三戸政和(事業投資家)
株式会社日本創生投資 代表取締役社長
国内外のベンチャー投資、兵庫県議会議員などを経て、2016年日本創生投資を投資予算30億円で創設し、中小企業に対する事業再生・事業承継に関するバイアウト投資、コンサルティング業務を行う。 「現代ビジネス」(講談社)にて2017年のネット連載「サラリーマンは退職金で会社を買いなさい」が500万超の閲覧を獲得、1年後に書籍化され、3ヶ月で10万部を突破するベストセラーに。

–本イベントは終了いたしました–