最終回:短所を伸ばせば武器になる — アドラー流、自分らしく稼ぎ続ける心(小倉広Vol6)
カネ

最終回:短所を伸ばせば武器になる — アドラー流、自分らしく稼ぎ続ける心(小倉広Vol6)

ウェルビーイング・ラボ セミナー開催報告

「年収500万円しか稼げないコンサルタント 年収5000万円稼ぐコンサルタント」
 ~副業時代の人生に差をつける稼ぎかた、生きかた~

講師:小倉広(経営コンサルタント)
2018.8.19 東京・渋谷メイクスカンファレンスルーム

・・・

前回連載では、
・「高級品」になるために、おカネを使って学ぶ
・「オリジナル」は体験からうまれる
・「心」を学ぶことはどの分野の専門家にも必要
・おもしろそうなら「やってみる」
などお伝えし、「過去最高におもしろい!」と小倉さんご自身からも太鼓判をいただきました。最終回、ついに小倉さん得意のアドラー心理学にたどり着きます。

「優先順位」では枠を超えられない

ノータイム・ポチ、という話をしました。おもしろそうなら今すぐやっちゃう。これ、優先順位は付けない、ということです。優先順位が高いものを後にとばさないとできませんよね。だから、

小倉
ごめんね!
って言って後回しにしちゃう。これ、けっこうあります。

おもしろいか、の基準は、「ご縁」があるか、です。おカネもご縁に対して使います。損得をいちいち計算しません。たとえば友達がすばらしい社会貢献活動をしていたら、即、惜しみなく協力します。

枠に収まる人って、優先順位通りなんですよね。そうすると上手くいくけど、枠から出れないんです。
枠を壊してみたい人は、「ご縁順位」で動いてみるといいですよ。
縁があるかも?
という直感に従うと、優先順位は壊れますよ。

ただ、僕は枠を壊そうと思っているわけではなくて、単にADHD(注意欠陥・多動性障害, Attention-deficit hyperactivity disorder)傾向だから、やりたくなったらやっちゃうだけなんですけど。やってみると、おもしろいですよ。

先義後利

対人関係でも、損得を計算しません。”Give&Take” ではなく”Give&Give” です。いろんな人が言っているけど、そのとおりです。

「先義後利」という孟子の有名な言葉があります。先に義を果たし、利は後で得ればよい。綺麗事のようですが、乱暴に言ってしまえば、お客さんに「貸し」をいっぱい作る、ということです。がっつかないで、お客さんにどうぞどうぞと言って、例えば必要な資料を差し上げたりします。前回の「コップに水が溢れてきてから飲む」ということです。

これを僕が実感したことがあって、昔、メルマガを毎日毎日ずっと書いていたんですよ。2年間ぐらい続けたのかな。

お客さん
毎日毎日、こんなに、無料でいいの?
って言われながら。でもどんどん情報提供し続けたんです、広告も一切載せないで。
そしたら自分がフリーになった時、セミナーやったら、お客さんドーンと来たんです。みんな、
メルマガ読んでました!
と申込がダーーーと来て。もしも早めに刈り取りに行っていたら、信頼関係壊れちゃうんですね。でも先にコップに水をいっぱいに満たしておくと、いつかどこかで、ちゅるちゅるちゅるちゅる、と溢れてくる。そこでようやく飲みにいく。

つまり、いっぱい「信頼の貯金」をする。根気がいりますけどね。でもこれが営業の基本、本質だと思います。

まとめ1:収入を上げるのは心の問題

収入を上げたければ単価を上げる。では、いかに単価を上げるか?
この問いは、「いかにお客さんへの価値を上げるか」ということももちろんありますが、それと同じくらい自分自身の「心の問題」なんです。

  1.  自分の自己肯定感をどれだけ上げられるか
  2.  堂々と高いフィーを請求できるか
  3.  やったことのない仕事でも「きっと自分ならできる」と無防備にでも自分を信じられるか

です。
踏み出せないあなたは、心の中に枠がありませんか?まず壊しましょう。
僕なんかでもいまだに怖くなることがあります。

小倉
オレなんかでいいだろうか?
これでいいんだろうか、お客さんを満足させられるんだろうか?
と。
いまだに来るんですよ、心の問題が。これだけ何十年とやってても、来るんです。

そんな時は、今まで自分が学んだ色々な心理学のトレーニングの成果を活かします。
自分にセルフカウンセリングをしながら、
脳内セルフカウンセリング
いやいやキミ、これまでこんなことしてきたよね、今こんなふうにできてるよね、お客さんもこんなこと言ってくれてるよね。

脳内セルフカウンセリング
今キミは、何か心の罠にはまってるんじゃないかな?メンタルブロックに動かされてるんじゃないかな?
とチェックリストをやっていきます。

するとね、治るんですよ。 こういうことを積み重ねながら、だんだんと心がブレなくなっていくんです。恐怖心が来るのが、前は3日に1回だったのが、だんだん1週間に1回になって、1ヶ月に1回になって、 年に1回になって。ゼロにはならないんですけどね。

こういう事って結構大事かなと思います。自分の中の恐怖心にきちんと向き合うこと、それを正しい方法で解消してゆくことです。

その上に立って、自分の力を少なくとも100%出し切ること、少しでも良い商品・サービスを作ること、です。

まとめ2:アドラー流「パッケージ・ディール」

これで今日の話、ようやく終わりました。

でも実はこれ、僕の個人的な体験談で、僕のキャラまるごと全部の上に成立しているものです。いろいろ使い回せる汎用パーツじゃないんですよね。真似したくないかもしれないし、真似できないかもしれないし。皆さんに委ねるしかない。

これアドラー心理学の言葉で「パッケージ・ディール」といいます。バラ売りしません、セット販売ですよ、ということです。

何かっていうと、私、小倉広は、すごいせっかちで多動・衝動的で、勢いでばーって動くけどめちゃくちゃミスが多くて、おっちょこちょいで、失敗もするし、勢い余って人を傷つけたりもする。あんなこと言わなきゃよかった!しなきゃよかった!ってこともしょっちゅうある。だから良い面と悪い面と裏表があるんです。後で後悔をすることも多いし、落ち込んでうつ病にもなりました。

じゃあ僕の、このね、おちょこちょいで失敗が多くて、すぐに人にばーっと言っちゃう、これを治そうとすると、良いとこなくなっちゃうんですね。良いところとセットだからね。僕は今日はお話ししたことが全部セットなんです。

皆さんにもそれぞれのパッケージがあるはずです。短所だけ直すって不可能なんです。短所がなくなったら長所もなくなっちゃう。だから、いかに短所を受け入れて自分に”OK”を出すか。さっき言った「自分にOKを出す」という話です。「短所も含めて俺なんだ」「私なんだ」と一つのパッケージにして、それに合ったやり方をしていくんです。

最後の最後がこんな、「僕のパッケージだから皆さんと違う」というと、

みなさん
じゃあ今日の話は何だったの?
っていう話になっちゃうんですけど(笑)、でも、そんなもんでしょう。
本でもセミナーでも、みんな同じようなもんですよ。誰にでも当てはまるんだったらおもしろくないし、そうやって自分のことを中途半端に直していくと、つまんなくなっちゃいますよ。

だってコンサルなんて、突き抜けてないと商売にならないからね。逆に言うと、「あなた自身の短所を伸ばしていく」ぐらいでいいんじゃないでしょうか。それ引き受けていかないと、自分らしさが出ないから。さっきも言いましたけど、私、若い頃お客さんに
お客さん
小倉さん生意気だからいいんだよ、
俺の若い頃みたいで生意気だな。
ってよく言われました。 それも短所込みの話で、ありのままの自分らしさでいくしかないです。

自分らしくないことをやろうとすると、変にかっこつけたヨソイキの薄っぺらなやつになるんですよ。自分らしくやっていると、短所があっても、少なくとも力強いんです。
お客さん
この人、嘘をついてない。
って無茶苦茶リアリティあるんです。

だから自分の「パッケージ・ディール」を見つけて、自分らしさのセットでそのまんまで勝負してください。それで仕事にならなかったら、無理ですから。そんなお客さんサヨウナラ、でいいんです。

世の中っていうのは、気の合う2割がいて、気の合わない8割がいて、合わない8割から仕事もらわなくたっていいんです。みんなに好かれようとしないことです。そのためには、自分らしくあって、自分の気の合うお客さんだけ選んで、自分らしさで勝負して、自分の欠点は直さない。

おっちょこちょいかもしれんけど、なんか人間的魅力があっておもしろいっていう人になって、それでダメだったら、しょうがないじゃないですか。
でもほとんどの人は自分らしさを隠して、教科書通りの人を演じて失敗するんです。 そうすると、そんなコンサルタントはすごいつまんないんです。

是非皆さんなりのパッケージ・ディールを見つけて、自分らしくやってもらいたいと思います。

幸せと収入

そして最後に。今日は「5000万稼ぐ」と銘打ったセミナーですが、5000万が幸せだとすれば、実現するまでは不幸ってことじゃないですか。それは年収1000万円でもなんでも同じことです。そうではなく、それを目指す過程を楽しんでいってほしいと思います。自分の心と向き合いながら、自分らしく目指していけるのなら、それが幸せな人生ではないでしょうか。

(完)

~編集後記~

6回、計2万字を超える連載もついに終了。最後お話されたように、おカネとは「幸せそのもの」ではありませんよね。幸せは、チャレンジし続ける心、気の合う人たちとの体験から生まれてくるものです。ただ、そんな幸せの追求が、おカネが理由で邪魔されることもあるでしょう。

自分なりの幸せをつかむために、小倉さんの「パッケージ」そのまま使える方は少ないかもしれませんが、人間心理への深い理解にもとづく考え方、動き方は、枠を超えて成長したいすべての人に役に立つことと思います。

(構成:ウェルビーイング・ラボ編集部)