サラリーマンのための個人M&A入門 by 三戸政和

サラリーマンのための個人M&A入門 by 三戸政和

5. リスクとの向き合い方

<このページのまとめ>

◆ 失敗が怖ければ計算しよう
◆ 資本主義のルールに「マイナスの計算」はない
◆ 買収も経営も「感情」をケアしよう
◆「人生100年時代に何もしないリスク」を考えよう
◆ 中小企業M&Aビジネスの賞味期限は10年間

失敗が怖いなら計算しよう

失敗が怖い、という声もよく聞きます。実際それが企業買収への最大の障壁でしょう。
ここで考えるべきは、投資とは「期待値」の計算であるということです。

たとえば300万円投資して、見込みがざっくり

  • 1000万になる確率:30
  • 300万になる確率: 50
  • 0円になる確率:  20

くらいの手応えだとします。
この場合の期待値を計算すると

となり、期待値は300万円+150万円+0円で合計450万円。つまり300万円を元手に150%の利回りを期待できる、と計算できます。

投資を怖がる人は、このうち最悪のケースだけを考えてしまうんです。投資できる人は、全体を考えています。

M&Aに「マイナス」はない

上記の期待値の計算には「マイナス」のケースはありません。これは大事な資本主義のルールで、「有限責任」という株式会社の仕組みです。どれだけの損失を出しても、株券の価値がゼロになるだけです。

ツイッター民
売りに出されてる中小企業なんて、隠れた爆弾みたいなのあるんじゃない?
といったコメントもTwitterとかによく来るんですが、仮に巨大な簿外債務が後から発覚したとしても(編集部注: 突然表れた怖い顔の男が「実は御社に借金があります」と借用証書を突きつけるようなケースですね)、株券の価値をゼロにして倒産させればいいんです。株主の個人に支払い義務はありません。

「未払い残業代」の例

現実的な例では、たとえばデューデリジェンス段階(買収前の経営リスク調査)で多いのは、「未払い残業代」です。たいてい出てきます。想定しておけば、それを見込んで買収金額を決めればよいです。

よくある失敗ケースで、こうした金額をオーナーに細かく詰めてしまう
のがあります。たとえば、5億円で売ってもらう交渉中に過去2年間分の未払い残業代3000万発覚、じゃあ47000万にして、とやってしまうんです。これはオーナーさんの気分を害します。自分で育ててきた会社を手放すのに、値切られたくないんですよね。こうなると最終的に売ってもらえないことが多いようです。

だから僕らは、こういったマイナス分が出てきても、マルっとかかえて買ってしまいます。最終的にそれ以上で売れればよいわけですから。

計算よりも胆力

このあたりは人間心理です。胆力も必要です。

たとえば先日、私の買収先がある地域に大きな台風がきたんですが、「被害額を報告してください」と聞いてるようではダメです。まずは電話して、

三戸
心配です!大丈夫ですか?
です。
こういった感情面のケアは、優秀なエリートが緻密に計算してできることではありません。だから「エリート集団の再生専門企業にかなわない」ということは全く感じません。

個人保証は受けない

日本の場合、金融機関が経営者に個人保証を要求する場合があります。それはしない、と決めればOKです。銀行が個人保証を要求してきたら、断って他の金融機関を探せばいいんです。

それも買収前のデューデリジェンス作業(買収前の経営リスク調査)の1つです。1020行と銀行にあたってすべて断られるとしたら、これはヤバいな、と判断できますから。しかも最近は、金融庁も個人保証は外すよう誘導もしています。

だから、最悪でもゼロリセットなんです。ゼロからプラスの方向しか無いんです。

それよりも、日本のサラリーマンの方々が考えた方がいいのは、「人生100年時代に、何もしないリスク」ではないでしょうか。

賞味期限は10年間

この中小企業MAビジネスは、今は稼げる事業ですが、もって10年だと思っています。なぜなら、社長の年齢層を考えると、今後10年間が日本の事業継承の大きなヤマになるからです。10年を過ぎたらチャンスは激減するのではないでしょうか。だから、参入するのなら、今のうちに将来への布石を用意しておく必要があります。

私が本を出したのもその意味が大きいです。今日ここでお話しているのもそうです。できるうちに

三戸
みんなで一緒にやろうぜ!
という流れを作っておきたいのです。

そんな私と行動を共にしていただける方へ、普通のサラリーマンのための現実的なステップをお伝えします。今すぐ買収するつもりのない方も、将来何かの役に立つかもしれません。

次ページは最終回、6. サラリーマンのためのM&Aの始め方 “をお伝えします。