85歳のトライアスロン世界王者 by 稲田弘 × 山本淳一

85歳のトライアスロン世界王者 by 稲田弘 × 山本淳一

6. 世界王者の日常

<このページのまとめ>

◆ 14種類の野菜、魚、玄米中心の食事を自ら調理
◆ 言われたことは、即やってみる
◆ 人生最高のモテ期?
◆「もっと楽にできない?」日常すべてを意識する
◆「この年齢でもできる」というモチベーション

普段の食事

稲田: 食事については、食べなきゃいけないのはわかっているから、何を食べるかが一番大事です。幸か不幸か一人暮らしなので、自分で作っています。
朝のスイム練習前は、何も食べません。

― (以下、会場とのやりとり中心)え?!食べずに3800mも泳ぐんですか?!

山本: そうです、僕もです。飲んでコーヒー1杯ぐらい。他の人もですね。
スイムが終わってからバイク練習スタートまで1時間半ぐらいあるので、その間に朝食です。

稲田: 朝はワンパターンで、良いと言われている野菜を14種類くらい煮たものをメインにしています。一度にまとめて作って、たくさん食べられるようにしています。それにパンなど。

昼はバイク練習後の休憩のコンビニで、素焼き豚肉と麦ご飯のお弁当を食べます。

山本: 僕と全く同じのを食べています。最近流行りの糖質制限は絶対ないですね。380円のお弁当。

稲田: いや、398円です。(会場笑)それと、おにぎり。
練習の途中では、エネルギー・ジェルを1回ぐらい摂りますが、あんまり気にしないです。

夜は魚中心。肉も食べますけど、納豆や味噌汁に玄米ごはん。それだけ。

山本: これだけ食べられるのが凄いですよね。14種類を毎朝食べるわけですから。

― お酒は飲まないんですか?

稲田: 僕、お酒はあんまり飲めないんです。好きですけどね。缶ビール350ミリリットルをせいぜい1本ぐらいです。

胃腸が丈夫な稲田さん

山本: 稲田さんは基本、胃腸がすごく丈夫で、食事に行っても僕と同じ一人前を食べるんです。本人は普通だと思ってるけど、すごいことです。

稲田: 食べないとだめ、という気持ちはあります。

山本: ハワイに一緒に行くようになって気づいたのは、出されたものを全部食べようとするんです。そして帰ってから、

稲田
お腹いっぱい、食べ過ぎた・・・
ってなるんです。それこそ昔の日本の食文化ですよ。
稲田
もったいない!
作ってくれた人に申し訳ない!
目の前にあるものは食べておかないと、次いつ食べられるかわからない!
という、食が足りなかった頃の。

でも向こうはドギーバッグで持ち帰る文化があるじゃないですか。たくさん出るんですよね。だから、稲田さんお腹いっぱいになったかな、と思ったら、
山本コーチ
もういいでしょ?
と止めるのも役目です。

レース中の補給

稲田: アイアンマンレースの時は、朝食は3時間ぐらい前にバナナなどを食べて、スイム・スタートの30分前には、エネルギーになるようなサプリメント、ジェルなどを摂ります。スイム中は補給できないので、あらかじめ食べておいて持たせます。水はガブガブ飲みます。

スイム後のトランジットで、ジェルを1つ。 BCAA(タンパク質の一種)も摂ります。

バイクスタートすると、初めのうちは胃腸の調子がまだ上がらないので、落ち着いてからお赤飯を食べます。レトルトのお赤飯をチンして、8等分にして、でかい梅干しを入れて、ラップにくるんで携行しています。
疲れて食べれなくなると、ジェルを摂ります。

バイク後のトランジットも同じで、ジェルを1つ。

ランでは、ほぼエイド・ステーションにあるものを摂るので、オレンジや バナナなど。最後の方はコーラを飲むと、カフェインと砂糖のおかげで一瞬で復活できます。レッドブルは摂ったことがありません。

山本: レースでは17時間、食べながら動き続けています。85歳になってもできる健康さが凄まじいです。


(レース、30km地点)

睡眠

― 睡眠時間は?

稲田: 僕は8時間寝ないと絶対だめですね。
それと昼寝を15分ぐらい。練習中は昼寝をしているヒマはなくて、終わった後どうしても眠くなっちゃう。
朝6時から練習が始まって、バイク終わって帰ってくると3時半ごろ。もう本当に何をする気力もないんでね。
夜は9時には寝ないと翌朝6時に間に合わない。車で30分くらいかかるし。

山本: かっこよく言っていますけど、朝だいたい遅れてきますから。(会場笑)

稲田: 僕、朝が極端に弱いんですよ。まあ、やりすぎないようにあえて遅刻して、練習量を調整しようと思ってね。(会場笑)

山本: 実際、メニューが4000mの設定なので、少し遅れて3000mくらいになることは多いですね。

心拍数

― 平常時の心拍数はどれくらいですか?

稲田: 平常心拍は、60ぐらい。運動が始まると85ぐらいからスタートです。

― 私は50代で、きついトレーニングすると不整脈が出るんですけど、稲田さんは問題ないのですか?

稲田: それは意識したことがないですね。

山本: 全く健康です。

継続

― コーチから見て、結局、稲田さんの何がすごいんでしょうか?

山本: 継続できることでしょうね。同じことをずっと続けられる、それが一番の強みかな。

最初の一歩のハードルが、稲田さんの場合ものすごく低いんですよ。やってみるんです。言われたことを、こうだろうなと考える前に、

稲田
わかりました!
とやってみる。
稲田
えー?
とか、
稲田
あー!
とか言いますけどね。
それで、100kmといえば100kmしっかりやるし、150kmといえば150kmやる。

稲田: やらされているんだよ。(笑)やらないとダメだから、しょうがなくてやっている。しょうがなくやっているけど、やれるから、面白くなっていくんですね。

山本: 私も、稲田さんができないことは言わないので。

― これだけの練習量ができるのは、なぜでしょう?

稲田: 「習慣」ってことじゃないかなあ。いつもやっているから、やっていればできるようになるからね。
逆に言うと、やらなくなると、すぐできなくなります。それが心配だからやる、というのもあります。
継続は力なり、というのを信じて。

ただ僕は週に1度しか仕事してなくて、残り6日がお休みだから、それくらいはできます。

― そんな人、日本に二千万人くらいいるじゃないですか!(会場笑)

我慢

稲田: とにかく山本さんは休ませてくれない人なので、みんな気の毒がるんですよね。

みんな
稲田さん、休まなくて大丈夫なの?
て。いや大丈夫も何も、僕はやらされているんだから。(会場笑)
でも、
山本
ハワイで勝つためには、これくらいやらないとだめだよ!
と言われていると思って、我慢してやっているんです。

― それ本当に「我慢」ですか?

稲田: 我慢ですよ、嬉しくてやっているわけじゃないです。

― でも我慢だけではそれだけの練習ができない気がします。本当は嬉しいんじゃないですか?

稲田: 普段のクラブの練習は喜んでやっていますが、キツいのは合宿です。我慢しきれないくらい我慢します。もうやりたくない!ていうくらいやらされますから。
練習は楽しい。合宿が厳しい。レースの時の方が楽です。

山本: レースが楽って、むちゃくちゃホンネだと思いますよ。だから、余裕のあるところでレースをできている。

― なるほど、①日々の練習は楽しんで、②毎月の合宿では苦しんで、③年に一度の世界選手権では余裕を持って、というメリハリがよくわかります。

人とのつながり

山本: 合宿には仲間もいるからね。若い大学生もいるし。

稲田: 若い女の子がね。 (会場笑)

― ぶっちゃけ、今一番モテるんじゃないですか?

稲田: それはそうですよ!若いうちはなかなか表現できないでしょう?僕みたいに年寄りになると何でも言えるわけですよ。

山本: いま頭の中すごいことになっているから、やめたほうがいい。(会場大笑)

稲田: まあいろいろとね、いろんな楽しさがあるんです。
「いい年こいてよくやるなあ」なんて言われるし、息子なんか「もういい加減にしろ」と言ってくるんですけど、でも大勢の人が「がんばれ!がんばれ」と言ってくれるでしょう。
だからもう僕は、一人でやっているという意識が全然ないんです。

山本: 僕がSNSに稲田さんのことずっと上げているのも、みんなに見てもらいたいのもありますけど、稲田さんの家族、親族が結構心配しているのもあって。今どこで何をしているのかを、たとえば合宿行った時もタグ付けして、

稲田さんFacebook
ここでやっているよ!
と見れるようにしています。
孫もひ孫もいるわけです。がんばっているおじいちゃんを見て、
ご家族
今もがんばっているんだ!
と思ってくれたら嬉しいので、ずっと続けているというのがあります。

85歳になってもできる、というモチベーション

稲田: 衰えは毎日、実感しますよ。

稲田
今日はきついなあ、なんでだろう?
あ!歳だからか?
という毎日です。練習して速くなるのと、体力が落ちているのと、常にせめぎあっている。故障もあちこち出てきて、脊椎間狭窄症(腰痛)、鎖骨骨折3回。全身怪我だらけ。

落ちるのはしかたない、それをいかに食い止めるか、です。

稲田
もっと楽にできないものか?
今やってることを、もっと楽にできないか?
もうそれ以外に考えられないですね。1つ1つの動き、普段歩いている時も、姿勢も、ずっと意識しています。技術的な面も、食事も含めて、楽な方法を毎日考えてます。

それで

稲田
今日はこんな事やってみよう!
と練習してみる。それを繰り返していると、だめなこともあるけど、
稲田
昨日よりも今日の方がいいな!
上手くなってるな!
ということが必ずあるんです。無駄な力を使わないようになれたり、上達した分と、体力低下のバランスで、何とか同じスピードが維持できている。
本当に、いかにカバーするか。歳をとってきたらそれしかないです。

山本: それが生活の一部になっていますしね。

稲田: 結局、この歳になってもできる、ということがものすごく嬉しいんですよ。それが大きなモチベーションです。

< 講師紹介 >

稲田弘さん 稲田弘(86)
1932年11月19日生まれ。70歳を過ぎてからトライアスロンを始め、79歳目前の2011年に総距離226kmのアイアンマン世界選手権に初出場、以来世界選手権に8年連続で出場中。2012年(80歳あつかい)、2016年(同84歳)、2018年(同86歳)、と年代別(エイジ)世界王者タイトルを獲得。今年10月の85歳10ヵ月での完走が現在のギネス公認世界記録です。

山本淳一さん 山本淳一(45)
中学は水泳部、高校は水泳部がなかったので陸上部。大学時代にトライアスロンを始めてみたところ、世界大会へ派遣されることになり、好成績をあげて帰国後にはプロ契約オファーが待っており、プロ選手としてのキャリアをスタート、日本ランキング1位のトップ選手として活躍。稲毛インターでは選手兼コーチとして、76歳から稲田さんの指導も担当。現在、アスロニア取締役副社長。Athlete Works主催、プロ・コーチ。稲田さんに対してはほぼ毎月開催するトレーニング合宿での指導、海外レース帯同などサポートを継続しています。

※この記事は、2018年12月開催セミナー「85歳の身体パフォーマンス論」(東京・渋谷 株式会社メイクス カンファレンスルーム)の内容を編集部にて再構成してお届けしています。

(構成:ウェルビーイング・ラボ編集部)